« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

2015年9月30日 立待月

立待月(たちまちづき)

夕方、立って待つ間に出る月の意。

S00260071

S0885995

・・・本日も横濱の空の下から・・・

2015年9月29日 (火)

2015年9月29日 十六夜

十六夜(いざよい)

月の出が十五夜よりやや遅くなっているのを、月がためらっていると見立てた。

「十六夜」とは“ためらい”の意味を持つ。

また、夜が明けてもまだ沈まず、西の空に残っている様子から、

「有明の月」とも呼ばれる。

S07057931

S0705793

・・・本日も横濱の空の下から・・・

2015年9月28日 (月)

2015年9月28日 スーパームーン

満月。

Sm_1

Sm_3

Sm_2

・・・本日も横濱の空の下から・・・

2015年9月27日 (日)

2015年9月27日 仲秋の名月

仲秋or中秋?

結論から言いますと、どちらでもいいようです。

この表現は言わずと知れた旧暦(太陰暦)で使われることばです。

四季・春夏秋冬はそれぞれ3ヶ月ずつとなりますが、

この3ヶ月を順に「初・仲(中)・晩」と呼びならわすわけです。

例えば春1月・2月・3月は初春・仲春・晩春となります。

初春や晩春はいまでもなじみのある呼び名ですね。

同様に、秋も初秋・仲(中)秋・晩秋です。

一般的には、「仲」は「季節の中ごろの1ヶ月」というニュアンス

「中」は「真ん中」というニュアンス。

秋で例にとれば、一般に「仲秋」は「秋の半ばの1ヶ月、すなわち8月」をさし、

「中秋」は「秋の真ん中で、特に8月の真ん中15日」をさすという感じです。

「名月」といえば、「満月(望)」なので、話しの意味合いからは、

「中秋の名月」のほうが秋のお月見には近い感じのようですが、

一般的には仲秋の名月のようですね。

但し、どちらが正しくどちらかが間違っているといった類の話ではありません。

Zz1

Zz_3

・・・本日も横濱の空の下から・・・

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »